地球のことや先カンブリア時代などについて

地球などについて研究をしました。頻繁に降りそそぐ微惑星の衝突のバイタリティと原始大気の温室成果によって地球の公は高温になり、マグマオーシャン(マグマの海)が誕生し、メタル(鉄・ニッケル)と石品質部(ケイ酸塩気)が分離し、核とマントルができました。冥王代の終わり頃には地表の気温も下がり、最初の地殻が形成されました。また、大気内側の湯煙が凝結して豪雨となり、液体の水をたたえた海洋が出現しました。この時点で地球は核・マントル・地殻および海洋・大気という多層体系を持つようになりました。冥王代後半の海には、アニマルの健康をつくるもとに陥るアミノ酸が豊富に含まれていて、アニマルお目見えのために必要な条項がととのえられていたと考えられます。太古代の岩石は、世界の主大陸以内の安定事柄集まりに産します。地球最古の岩石は、カナダ北部に露出する40億時代前の変成岩だ。また、グリーンランド南部には38億時代前の礫岩や玄武岩品質の枕状溶岩が産します。さんざっぱら勉強になりました。ロスミンローヤル 楽天