必要階級や恒星の色あいなどについて勉強してた

星について授業しました。BD+36°2147の進め方のグループは、7.49辺りだ。階級周視差は0.392″だ。キロは8.3光年だ。シリウスの進め方のグループは、−1.44辺りだ。階級周視差は0.379″だ。キロは8.6光年だ。実際の明るさを比較するためには、すべての恒星を10パーセクのキロにおいて見たと仮説したときのグループを用います。こういうグループを必要グループといいます。日の必要グループは4.9グループで、日は他の恒星とくらべてとくに嬉しい恒星ではなく、きわめて標準的な恒星であるといえます。オリオン座のペテルギウスは赤味覚をおび、リゲルは青白く輝いています。こんな恒星の色つやの違いは、恒星の外装気温がことなるためです。外装温度の高い恒星ほど波長の少ない明かりを激しく出している。すなわち、青い恒星は赤い恒星より外装温度が高いだ。このようなことを覚えましたが、知らないことがほとんどだったので知れて良かったですし、勉強になりました。http://thecw.co/datsumolabo-tenpo/entry6.html