曇りや雨の日には、いつもの時間に起きることができない

最近、よく晴れた日には、朝から暑さに起こされてしまうのですが、そうではない日ももちろんあります。
ときどき曇ったりして、朝、外が暗いことがあったりするが、そういうときは寝坊をしやすいんですよね。
私の場合、まるで植物や野生動物のように、外の明るさで起床時間が大きく変わってしまうのです。
この時期だと、天気の良い日には6時前に前が覚めるのですが、雨の日や曇りだと、6時半や7時近くなることもあったりします。
これには、普段からあまり部屋のカーテンを閉めたりしないということが関係しているのかもしれない。
もちろん、さすがに不在のときにはカーテンを閉めるようにしているし、外から部屋の中が見られないようにレースのカーテンは常にしています。
でも、よほど寒い時期でなければ、基本的に家にいるときには外からの明かりをシャットアウトすることはありません。
それは寝るときにも同じなので、朝の外の明るさというのが、じかに部屋の明るさになっているのです。
そんなこんなで、翌日の天気が微妙なときというのは、寝る前にしっかりとアラームをセットしておかないと、寝坊してしまう可能性があったりするんですよね。キレイモ 無料カウンセリング